今もシアリスを使う主人!勃起不全から立ち直った思い出

勃起不全に陥る原因

近年、草食男子という言葉が流行りましたが、それ以上に絶食系男子というタイプもいるそうです。

絶食系男子とは、女性に興味がない訳ではないが、恋愛が面倒くさい、特に女性がいなくても楽しい人生が送れると感じている上、女性から誘惑されたとしても面倒なだけと感じるという、男性性が殆どないといった男の人を言うそうです。
今は女性の方がより男性的になったと言われていますが、こういった現象を考えれば、男女が逆転しかねない状況なのかもしれません。

とはいえ、男性にとっても女性にとっても繁殖という意味では、性は非常に大事な問題です。
こういった絶食系男子が増えてしまうと、少子化に拍車がかかり、人口は減少するばかりか、人類滅亡にまで発展しかねません。
また、こうなってしまうと、より年齢層の高い人たちの間では悩みとして挙げられる勃起不全についても気にしないし、気が付かないかもしれません。

年齢が高くなれば高くなるほど、この問題は持ち上がってきます。
とはいえ、まだ子供が作れる年齢層にも無くはない問題でもあります。

この問題の原因は、先に行った加齢以外にも色々あります。

例えば食生活の欧米化によって、コレステロールなど脂肪が多い食事を取ると高脂血症など血流が悪くなります。
血流は人間の健康面だけではなく、勃起作用にも非常に重要な要素でもあります。
陰茎に流れる血流量を増やすことで勃起が起こる訳ですから、血流が悪くなればそれだけ勃起模しずらい症状が発生します。

またそれ以外の要因では、ストレスも上げられます。
体調の健康面だけでなく、精神的な健康面による勃起不全はより面倒かもしれません。
近年の情報社会は、仕事により速度を求められるようになりました。ブラック企業という言葉が出てくるように、残業代も出ないのに働かされたり、休みもほとんどないという体調面だけでなく精神面まで犯されるような働き方をしている人もいらっしゃいます。
勿論うまく気持ちを切り替えられる人であれば問題ないかもしれませんが、そう簡単には年をとればとるほどうまくいかない人が多いでしょう。
こういった精神面は血流だけでなく、脳内ホルモンにも関連してきます。
その為、より勃起しずらい、途中で中折れしてしまうという症状が起こりやすくなってしまう大きな原因となっています。

若いうちは自分の趣味に没頭することであまり気にならなかった人も、いつかは結婚をし、子供を育てなければというタイミングが来るかもしれません。
そうなった時、こういった現象にぶつかった場合、現代医学を利用することで解決ができる文明が今はあります。
その時は臆せずそういった薬などに頼って解決することをお勧めします。